夏休みに沖縄のリゾート地でアルバイトをする時の注意点

夏の沖縄は観光客が多いので仕事はたくさんあります

若者の間で夏休みの期間は沖縄でバイトをする人が増えています。特に夏は沖縄の美しい海を求めてやってくる観光客が非常に多いので、ホテルや旅館や民宿が忙しくなるのでバイトの数も多くなります。気をつけたいのは事前に仕事の内容を確認しておくことです。本土のように規則を決めて働くという習慣があまりなく、なあなあの感じで気楽に働けるのが沖縄の良い点ですが、あまりに仕事内容が違うとバイトする意欲がなくなるので事前に確認はすべきです。

仕事内容や給料や寮費などは事前に確認する必要があります

給料などは規定通りに支払ってくれますが、寝泊まりする寮の宿泊費や3食の食事代や光熱費を取られる場合があるので、その点も事前確認が必要です。初めての人はインターネットのリゾートバイト専門のサイトに登録しておくと、希望に合った仕事先を紹介してくれます。すでにリゾート地で働いた経験のある人は、同じリゾート施設で毎年働くことができます。その場合は経験手当がつくこともあるので、気に入ったバイト先を見つけたら毎年そこで働いた方が働きやすいです。

コミュニケーションを求める人は民宿やゲストハウスがおすすめ

また沖縄は本土に比べると時給が低いので、あらかじめ覚悟しておくことです。最近は沖縄に移住する人がとても増えています。移住計画を立てている人は、事前体験のつもりで夏休みの1ヶ月間を現地で働きながら生活してみるという方法があります。いきなり移住するよりも、現地での生活の仕方や物価などを知ることができるのでメリットがあります。接客が好きでお客や現地の人とのコミュニケーションを求める人は、ホテルよりも民宿やゲストハウスで働いた方が適しています。民宿などは食事付きの場合が多いです。

豊かな自然と雄大な景色の中で働いてみませんかアットホームな雰囲気の中、いつもと違う世界が広がります。 リゾートバイトなら住居・食事も心配ありません。