体力があれば天職?ドライバーの気ままさと苦労

ドライバーは人間関係の苦労がありません

世間には様々なドライバーの求人がありますが、荷物を運ぶ仕事では運転しているときは一人です。営業所や配送センターに帰っても、お互いに仕事の利害関係がないことから、同僚のドライバーとも仲良くなりやすい環境があります。相手の仕事に干渉しなければ、他愛もない話をしながらそれなりに良好な人間関係を築くことができるでしょう。チームプレイよりも個々の力で仕事をしたいと思う方や、車の運転そのものが好きな方にはドライバーはうってつけの仕事です。たくさん走れば給料もそれなりに出ます。

ドライバーを震え上がらせる言葉「手積み手降ろし」

荷物を運ぶトラックドライバーには、荷物をフォークリフトなどで積み降ろしするものと、自分の手で段ボールや折りコンなどを積み降ろしするものがあります。自分で行うものを手積み手降ろしと言い、概ね4トンまではそのような仕事があります。絶えず腕力を使うことから体にも異常が出ますし、非常に体力を使います。もともと細身の人がこの仕事をすると軽量級ボクサーのような体になります。トラックの仕事をする際には、大型免許を取得してでも装置を使って荷降ろしを行う仕事を選びましょう。

結局は体力勝負になることも

ドライバーの仕事は腕力が必要なことだけでなく、労働時間が長いことも特徴です。殆ど休みなく働いて、月に30万円ほど稼ぐ人が多いです。しかし、この仕事はどんな経歴を持っていても、学歴が無くても、体力と根性があればきっと勤まります。ドライバーの仕事を始めたことで人生が好転した人も多くいます。これからドライバーの仕事に就こうと思う方は、長時間の運転や炎天下での肉体労働に耐えられる体を作りましょう。仕事が合えばまさに天職になります。

ドライバーの求人は、雇用形態が豊富で、大型、小型、宅配などの選択肢があります。目的に合った応募ができるよう工夫されています。