医師の転職は、最初は何らかのつてを頼りますがやがて自分の実績が大きいです

勤務医は長く同じ病院にいる医師の方が少ないです

勤務医であれば病院を移ることはかなり多く経験するはずです。まず、研修医時代を終えてから、病院に一人前の医師として赴任してから医療現場で基本的なことを改めて学びます。ここの病院では、5年程度在籍する医師が多いでしょう。その後、同じ大学の同窓のつてなどを頼って別の病院での勤務をする医師が多いです。年齢も30代となり、患者からも頼りにされる年齢となり、また治療の成果も上がれば信用もできます。そういう意味では、病院を移ることで新たなステップになるはずです。

新しく赴任する病院で何がしかを得るようにします

人間は、環境が変われば、やる気も違ってきます。病院が変わるということは医師にとって環境が変わるということですので、ここはステップアップするのにはとても良いチャンスです。今までの経験を生かして、また、同じ病院の他の医師の意見を聞いたり、医学雑誌や文献を読んだり、また学会に出て勉強したりして、患者に信頼される医師になりたいものです。新しい病院で新しいことを得るように心がけるようにすれば少しずつ蓄積されてより良い医師になります。

病院から願われて医師の転職をすれば一人前です

ぜひ、うちの病院に勤務して下さい、と病院側からオファーが来たら一人前に成長した証拠です。どの病院も良い医師を雇用したいと思っています。良い医師がいれば、病院の経営は良くなり、患者は多く、利益になります。今は情報化社会ですので、噂はあっという間に拡散されます。ですから、そのようにスカウトされる形で勤務するのであれば医師としての腕もかなり上達したということになります。しかし、そこで天狗になれば成長はストップします。これはどの業界でも同じです。いつでも謙虚に学び続ける医師が良い医師です。

医師 転職におすすめの時期は、特に各地域を取り巻く医療の状況によって、大きな違いが出ることがあります。